FC2ブログ
2013/06/18

膝蓋骨脱臼(パテラ)

今回は覚書(長文)のようなものです

ルッカちゃん

膝蓋骨脱臼のグレードⅡと診断されました

手術もすすめられて・・・

正直、かなりショックです

今まで、膝のことを言われたこともないし

ある程度は気を付けて生活していましたから

(フローリングの上にコルクマット)

昨日の朝までは、元気にピョンピョン飛び跳ねていたルッカ

帰宅すると、ソファーの上で「おかえり~」と寝ぼけ顔

うん、これもいつもと一緒

おかしいなと思ったのは、

ルッカのごはんの準備をしているとき

いつもは「まだ~?」と覗くのに → 新しい技

覗いてこないし、お座りして待ってる・・・

ルッカにごはんをあげて(食欲あり)、自分のご飯を食べてても

ルッカ専用のイスに登ってこない・・・

足が痛いのかな?腰が痛いのかな?と心配になり

触ってみても、どこも痛そうにしない

歩くのも普通

気のせい?でも・・・

おやつを高い位置で見せても、やっぱり飛ばない

これは変だ!と思ってTくんに電話

Tくんも早めに帰ってきてくれるって言うので病院へ行くことに

先日変えたばっかりの病院は21時までやってるので、まだ間に合う!

遅くまでやっててくれて本当に助かります~

受付を済ませ、待つこと30分

ようやく呼ばれました

先生に触診してもらい、左右の膝関節が外れることを指摘され

「たぶん、痛めたんでしょう。で、痛くなるのが怖いから

ジャンプするのをためらうんじゃ?」

と言われました

膝のレントゲン写真を撮ってもらい

先生からの説明を受ける頃にTくん到着

2人で説明を聞くことができました

で、膝蓋骨脱臼のグレードⅡの診断・・・

「先天的なものが強いけど、活発な子だとね」

と先天性+後天性の可能性

「若くて、進行する前に手術をした方が完治できるし、予後がいい」

と言われましたが

二つ返事で手術しますとは言えず・・・

手術方法は、

①大腿骨に溝を彫って、
②膝の靭帯を外側に引っ張る
脛骨が内側に入っているので
③骨の内側を削って、外側に移植する

手術時間は30分~1時間

入院は3日

やるのであれば、片足ずつがいいのでは

とのこと

今回は、

「1年で進行する子もいるし、10年たってもグレードⅡの子もいる」

の言葉を聞いて、

いったん経過観察にしてもらいました

日曜日のアジリティセミナーもドクターストップです

家に帰ってすぐ、

コルクマットを敷いてなかった廊下部分も敷き、

リビングのソファを別の部屋へ移動させ

ベッドも足をはずして高さを低くしました

先生にはスロープや階段をつけることすすめられたけど

ルッカの性格を考えると、使わないだろうな?と思って保留中

低くしたベッドには登るけど、

やっぱりいつもの垂直ジャンプはしません

しないのは痛いから?

もう、どうすればいいのか・・・

Tくんは手術したほうがいいんじゃない?って言うけど

自分の中で結論が出ないんです・・・

明日の午後はお休みなので、

前のかかりつけの先生のところにも相談に行こうと思ってます




にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント